歴史と変遷

抽選会

イベント用品はイベントを行う時にしか使用しないため、一時的に借りるレンタルの需要が高い分野ですが、多くの場合にはイベントを行う施設などがイベントを行うのに必要な用品を保有しており、施設を借りると同時にその用品も借りて使用するといった方法が一般的です。
しかし、イベントに使う用品が必ずしも施設にあるわけではなく、また用品も日々進化しているため、専門に行う業者も多くなっています。
最も需要が高いのが、会場構成を行うもので屋外であればテント屋内外問わずに必要なのがイスやテーブル、音響設備などです。
またレンタルといっても持ち運びが出来る物を貸し出すもののほか、ステージなどの設営など大規模なものまであります。

今後の展望

ニーズの多様性から設備や用品を自前で持たず一時的に借りるというものは、事業所用途はもとより個人用途でも高まっています。
特に設備や用品を持つ場合には、使用していない場合には倉庫に保管しておく必要があり、自前で持つということは倉庫を確保する必要があります。
都会化が進む今後では、それらの倉庫を施設に保有しておくのは空間の無駄になり効率的ではありません。
頻繁に利用する場合には、保有する方がメリットがありますが、それほど使わない用品は持っているメリットが少なく、これらのニッチな用品のレンタル需要は伸びていくと予測されます。
ただし、業者も多くの種類のイベント用品を取り揃える必要があるため、一定規模のある業者でなければ生き残れないでしょう。

レンタルの注意

イベント用品を借りる上での注意すべき点は、その借りた用品の管理です。
自動車やビデオなど1つの品を借りる場合には明確ですが、イベントとなると多種多様の用品を借りることになります。
そのため管理を怠ると借りたものを紛失したりする場合もあり、その場合には弁償する必要があります。
また用品にはそれなりに高価なものもあるため、特に注意が必要です。
ただ高価なものの貸出の場合には、保証金を預けることで補償の対象としている場合もありますが、それでも補えない場合には弁償する必要があります。
またテントなど大きいものを借りる場合には搬入搬出の費用や設営撤去費が掛かる場合があり、これらを含めた費用を考える必要があります。

オススメリンク

イベント用品は1回しか使用しない場合もあるのでレンタルがお得です:イベント用品のレンタル会社を厳選比較

綿あめの屋台

レンタルの境界

一般的には物を貸し出す業者がレンタルと言って良いのは確かでもあるのですが、中にはそう言った部分こそ明示していませんが必要な機器を貸し出してくれる様なサービスも存在しています。
こう言った面で言えば現在ではレンタル業は曖昧とも言える様な物も存在して…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031